タカラスタンダードでぴったり浴室【坂戸市T様邸】

タカラスタンダードでぴったり浴室♪

T様邸の浴室は在来浴室といわれるタイプで家の浴室空間に床壁を作りタイルを貼って浴室にしたもの。
この場合、自由に浴室の形を作れることから、壁に柱型、天井に梁型などが出てきてしまうことがあります。
今主流となっている浴室はユニットバスといわれるもので、奥行と横幅の決まった箱の様な浴室を置くイメージです。

在来浴室からユニットバスにリフォームしようとした際に壁の柱型、天井の梁型が邪魔をして、その内側に収まるような少し小さいユニットバスを入れなければならない事があります。今回のT様邸も同様、壁に柱型がありました。

柱型の内側に合うサイズのユニットバスをはめこめると、ユニットバスは規定のサイズしかない為小さいサイズのユニットバスを入れることになってしまいます。
そして壁とユニットバスの箱の間に無駄なスペースが生まれてしまいます。
そこで・・・
タカラスタンダードの「ぴったりサイズシステムバス」でT様邸にあったサイズでオーダー!
無駄な部分を最小限に。めいっぱいまで広げてゆったりとした浴室になりました♪

Works

家族構成 3
建築の種類 戸建
工事箇所 浴室・洗面
工期 5日

このページの先頭へ戻る